STUDIO PALM TREE( スタジオパームツリー )

Contents
開業をお考えの方

当事務所では開業に至る手続きに関することはもちろん、協力関係にある工務店、デザイン会社、印刷会社、広告代理店等と提携し、開業に向けての全般的なフォローをお引き受けすることが可能です。お客さまで個別に発注すると煩雑になり大変かと思います。そういう場合は、トータルでお引き受けできる当事務所をぜひご利用ください。下記分類は、動物愛護管理法の「業種」区分にしたがって整理しております。各業種の主だった具体例を記載しておりますが、こちらに記載していない例でも対応可能ですので、お気軽にお問い合わせください

販売

動物の小売及び卸売り並びにそれらを目的とし繁殖又は輸出入を行う業(その取次ぎ又は代理を含む)
・小売業者・卸売業者・販売目的の繁殖又は輸入を行う業者・露店等における販売のための動物の飼養業者・飼養施設を持たないインターネット等による通信販売業者

ブリーダー

ブリーダーとは、ペットとして販売されることを考慮して動物を繁殖している場合と、ペットではなく産業動物(牛・豚・馬・ヒツジ・山羊・鶏・アヒル・ミツバチなど、その生産物や労働力が人間にとって有用なものとなる動物のことを言い、いわゆる「家畜」「家禽」と称される動物たちのことです)を繫殖する場合がありますが、世間の認識として前者の印象が強く、このホームページでも前者に限って記載します。ブリーダーの仕事は、健康な動物を繁殖し、成長させ、その過程において躾等の社会性を備えさせ、必要な予防接種を施したのち、ペットショップ等に販売するというのが一連の流れです。表舞台に登場することは稀ですが、ペットビジネスにおいてはなくてはならない存在です。動物たちの交配、出生、幼齢期からその世話をし、社会性を備え付け巣立っていくまでを見届けることになりますので、職責が非常に重い仕事です。しかしながら、動物たちの「命」を軽視し、動物を販売し利益を得ることのみを考えた適切でない業者がいることも確かです。そこで、2012年の動物愛護法改正において、他のペット関連ビジネス同様、第一種動物取扱業の登録が必要とされています。

必要な要件:第一種動物取扱業「販売」登録

開業までの流れ:大まかな流れは以下の通りとなります。

1. 開業候補地の検討 (事業計画案作成)
2. 開業地決定(物件確定)
3. (必要な場合)創業融資申請
4. 第一種動物取扱業登録申請
5. 内装工事
6. 開業

必要書類

  • 第一種動物取扱業登録申請書
  • 飼養施設の平面図
  • 飼養施設付近の見取図
  • 申請者・動物取扱責任者(法人の場合は当該法人の役員も)が動物愛護管理法第12条第1項第1号から第6号までに該当しないことを示す書類
  • 動物取扱責任者の要件を証する書類(以下の1から3のうちでいずれかを証明できる書類)
    1.実務経験を証明する文書等(従事証明書)
    2.教育機関等の成績証明書等
    3.資格を証する免許の写し等
  • 登記事項証明書(3ヶ月以内に取得した原本)※
  • 役員の氏名及び住所一覧※
  • 事業所及び飼養施設の土地及び建物について事業の実施に必要な権原を有することを示す書類(本人所有の場合)
  • 確認書
※法人の場合のみ必要です。

費用

項目 金額
第一種動物取扱業登録作業費 ~80,000円
事業計画作成(市場調査、融資必要書類作成等) 100,000~200,000円
第一種動物取扱業登録申請手数料(実費) ~15,000円※※
  • ※お伺いする案件により異なります。この作業が不要の場合には発生しません。費用には調査資料代、出張費等すべてを含みます。
  • ※※行政に納付する手数料となります。
  • ○デザイン代、印刷代、広告費、内装費等は別途発生致します。

保管

保管を目的に顧客の動物を預かる業
・ペットホテル業者・美容業者(動物を預かる場合)・ペットのシッター・ペット美容

ペットホテル

ペットホテルとは飼い主が旅行や出張などで家を不在にする際、大切な家族であるペットを預かってくれる施設のことを言います。現在その数は全国で4,000軒ほどあると言われています。どのホテルも他との差別化を図るため、様々なサービスや施設の快適化を目指し、年々その質は向上しています。

必要な要件:第一種動物取扱業「保管」登録

開業までの流れ:大まかな流れは以下の通りとなります。

開業すると、施設内での軽微な変更は可能ですが、開業場所を容易に変更することはできません。したがいまして開業候補地を選定するには、入念な準備と膨大な時間を要します。事業の成否を握ると言っても過言ではありません。当事務所では、開業候補地周辺の市場調査、競合他社状況、人口動向等、事業展開の際して必要と考えられる調査はすべて行っております。専門スタッフが効率的なスケジュールでお客さまを開業まで導かせて頂きます。開業の手続きを任される以上、開業後、お客様が堅調なビジネスを展開できるよう配慮することまで、当事務所の責任と考えております。安心してお任せください。

1. 開業候補地の検討 (事業計画案作成)
2. 開業地決定(物件確定)
3. (必要な場合)創業融資申請
4. 第一種動物取扱業登録申請
5. 内装工事
6. 開業

必要書類

  • 第一種動物取扱業登録申請書
  • 飼養施設の平面図
  • 飼養施設付近の見取図
  • 申請者・動物取扱責任者(法人の場合は当該法人の役員も)が動物愛護管理法第12条第1項第1号から第6号までに該当しないことを示す書類
  • 動物取扱責任者の要件を証する書類(以下の1から3のうちでいずれかを証明できる書類)
    1.実務経験を証明する文書等(従事証明書)
    2.教育機関等の成績証明書等
    3.資格を証する免許の写し等
  • 登記事項証明書(3ヶ月以内に取得した原本)※
  • 役員の氏名及び住所一覧※
  • 事業所及び飼養施設の土地及び建物について事業の実施に必要な権原を有することを示す書類(本人所有の場合)
  • 確認書
※法人の場合のみ必要です。

費用

項目 金額
第一種動物取扱業登録作業費 ~80,000円
事業計画作成(市場調査、融資必要書類作成等) 100,000~200,000円※
第一種動物取扱業登録申請手数料(実費) ~15,000円※※
  • ※お伺いする案件により異なります。この作業が不要の場合には発生しません。費用には調査資料代、出張費等すべてを含みます。
  • ※※行政に納付する手数料となります。
  • ○デザイン代、印刷代、広告費、内装費等は別途発生致します。

ペットシッター

ペットシッターの仕事は他の関連ビジネスと異なり、店舗等の施設を持たずに、比較的身軽にビジネスを開始できることが特徴です。しかしながら、動物の「命」を預かる責任の重い仕事であることは変わりありません。他のペット関連ビジネス同様、第一種動物取扱業の登録が必要となります。

必要な要件:第一種動物取扱業「保管」登録

開業までの流れ:大まかな流れは以下の通りとなります。

1. 開業候補地の検討 (事業計画案作成)
2. 開業地決定(物件確定)
3. (必要な場合)創業融資申請
4. 第一種動物取扱業登録申請
5. 内装工事
6. 開業

必要書類

  • 第一種動物取扱業登録申請書
  • 飼養施設の平面図
  • 飼養施設付近の見取図
  • 申請者・動物取扱責任者(法人の場合は当該法人の役員も)が動物愛護管理法第12条第1項第1号から第6号までに該当しないことを示す書類
  • 動物取扱責任者の要件を証する書類(以下の1から3のうちでいずれかを証明できる書類)
    1.実務経験を証明する文書等(従事証明書)
    2.教育機関等の成績証明書等
    3.資格を証する免許の写し等
  • 登記事項証明書(3ヶ月以内に取得した原本)※
  • 役員の氏名及び住所一覧※
  • 事業所及び飼養施設の土地及び建物について事業の実施に必要な権原を有することを示す書類(本人所有の場合)
  • 確認書
※法人の場合のみ必要です。

費用

項目 金額
第一種動物取扱業「保管」登録作業費 ~50,000円※
事業計画作成(市場調査、融資必要書類作成等) 100,000~200,000円※※
第一種動物取扱業登録申請手数料(実費) ~15,000円※※※
  • ※お伺いする案件により異なります。
  • ※※不要の場合は省略させて頂きます。
  • ※※※行政に納付する手数料となります。
  • ○デザイン代、印刷代、広告費、内装費等は別途発生致します。

ペット美容(トリミングサロン)

すでにトリマーとして活躍されている方は、いずれご自分のサロンを開業したいという夢をお持ちのことと思います。トリマーはそれぞれの方の技術、センスがお客さま獲得に直接的に反映する業種です。その点で他のペット関連ビジネスより他社との差別化が図りやすい業種と言えますが、その分、個人に課せられる責任が重く、また個人として開業された以上、トリミングの技術だけではなく、経営力も必要となります。

必要な要件:第一種動物取扱業「保管」登録

開業までの流れ:大まかな流れは以下の通りとなります。

開業すると、施設内での軽微な変更は可能ですが、開業場所を容易に変更することはできません。したがいまして開業候補地を選定するには、入念な準備と膨大な時間を要します。事業の成否を握ると言っても過言ではありません。当事務所では、開業候補地周辺の市場調査、競合他社状況、人口動向等、事業展開の際して必要と考えられる調査はすべて行っております。専門スタッフが効率的なスケジュールでお客さまを開業まで導かせて頂きます。開業の手続きを任される以上、開業後、お客様が堅調なビジネスを展開できるよう配慮することまで、当事務所の責任と考えております。安心してお任せください。

1. 開業候補地の検討 (事業計画案作成)
2. 開業地決定(物件確定)
3. (必要な場合)創業融資申請
4. 第一種動物取扱業登録申請
5. 内装工事
6. 開業

必要書類

  • 第一種動物取扱業登録申請書
  • 飼養施設の平面図
  • 飼養施設付近の見取図
  • 申請者・動物取扱責任者(法人の場合は当該法人の役員も)が動物愛護管理法第12条第1項第1号から第6号までに該当しないことを示す書類
  • 動物取扱責任者の要件を証する書類(以下の1から3のうちでいずれかを証明できる書類)
    1.実務経験を証明する文書等(従事証明書)
    2.教育機関等の成績証明書等
    3.資格を証する免許の写し等
  • 登記事項証明書(3ヶ月以内に取得した原本)※
  • 役員の氏名及び住所一覧※
  • 事業所及び飼養施設の土地及び建物について事業の実施に必要な権原を有することを示す書類(本人所有の場合)
  • 確認書
※法人の場合のみ必要です。

費用

項目 金額
第一種動物取扱業登録作業費 ~80,000円※
事業計画作成(市場調査、融資必要書類作成等) 100,000~200,000円※※
第一種動物取扱業登録申請手数料(実費) ~15,000円※※※
  • ※お伺いする案件により異なります。
  • ※※不要の場合は省略させて頂きます。
  • ※※※行政に納付する手数料となります。
  • ○デザイン代、印刷代、広告費、内装費等は別途発生致します。

貸出

愛玩、撮影、繁殖その他の目的で動物を貸し出す業
ペットレンタル業者・卸売業者・映画などのタレント、撮影モデル、繁殖用等の動物派遣業者

ペットレンタル / 動物派遣業

ペットレンタル、動物派遣業という業種はすぐにイメージがつきにくいかもしれませんが、愛玩、撮影、繁殖その他の目的で動物を貸し出す業のことを言います。この業をする際にも、動物の適切な飼養を確保するため、第一種動物取扱業の登録が必要となります。

必要な要件:第一種動物取扱業「貸出」登録

開業までの流れ:大まかな流れは以下の通りとなります。

1. 開業候補地の検討 (事業計画案作成)
2. 開業地決定(物件確定)
3. (必要な場合)創業融資申請
4. 第一種動物取扱業登録申請
5. 内装工事
6. 開業

必要書類

  • 第一種動物取扱業登録申請書
  • 飼養施設の平面図
  • 飼養施設付近の見取図
  • 申請者・動物取扱責任者(法人の場合は当該法人の役員も)が動物愛護管理法第12条第1項第1号から第6号までに該当しないことを示す書類
  • 動物取扱責任者の要件を証する書類(以下の1から3のうちでいずれかを証明できる書類)
    1.実務経験を証明する文書等(従事証明書)
    2.教育機関等の成績証明書等
    3.資格を証する免許の写し等
  • 登記事項証明書(3ヶ月以内に取得した原本)※
  • 役員の氏名及び住所一覧※
  • 事業所及び飼養施設の土地及び建物について事業の実施に必要な権原を有することを示す書類(本人所有の場合)
  • 確認書
※法人の場合のみ必要です。

費用

項目 金額
第一種動物取扱業登録「貸出し」作業費 ~50,000円※
事業計画作成(市場調査、融資必要書類作成等) 100,000~200,000円※※
第一種動物取扱業登録申請手数料(実費) ~15,000円※※※
  • ※お伺いする案件により異なります。
  • ※※不要の場合は省略させて頂きます。
  • ※※※行政に納付する手数料となります。
  • ○デザイン代、印刷代、広告費、内装費等は別途発生致します。

訓練

顧客の動物を預かり、訓練を行う業
動物の訓練・調教業者

動物の訓練、調教業者 / 出張訓練業者

現在の日本では三人に一人が何らかのペットを飼うほど、ペットの数が増えています。ペットの正しいしつけ方や飼い方、ペットが人間と心地よく暮らすためのルールを教えることが調教業者、出張訓練業者の仕事です。ペットは言葉を話すことができません。幼少期から人間に飼養されたペットでは、動物社会で生きる動物の社会性も有していないペットたちもたくさんいます。その子たちを訓練して社会性を備えるという意味において、非常に職責の重い業種と言えます。

必要な要件:第一種動物取扱業「訓練」登録

必要書類

  • 第一種動物取扱業登録申請書
  • 飼養施設の平面図
  • 飼養施設付近の見取図
  • 申請者・動物取扱責任者(法人の場合は当該法人の役員も)が動物愛護管理法第12条第1項第1号から第6号までに該当しないことを示す書類
  • 動物取扱責任者の要件を証する書類(以下の1から3のうちでいずれかを証明できる書類)
    1.実務経験を証明する文書等(従事証明書)
    2.教育機関等の成績証明書等
    3.資格を証する免許の写し等
  • 登記事項証明書(3ヶ月以内に取得した原本)※
  • 役員の氏名及び住所一覧※
  • 事業所及び飼養施設の土地及び建物について事業の実施に必要な権原を有することを示す書類(本人所有の場合)
  • 確認書
※法人の場合のみ必要です。

費用

項目 金額
第一種動物取扱業登録「訓練」作業費 ~50,000円※
事業計画作成(市場調査、融資必要書類作成等) 100,000~200,000円※※
第一種動物取扱業登録申請手数料(実費) ~15,000円※※※
  • ※お伺いする案件により異なります。
  • ※※不要の場合は省略させて頂きます。
  • ※※※行政に納付する手数料となります。
  • ○デザイン代、印刷代、広告費、内装費等は別途発生致します。

譲受飼養業

有償で動物を譲り受けてその飼養を行う業
高齢の犬や猫などを世話する「老犬・老猫ホーム」等の事業者

老犬・老猫ホーム

近年、ペットフード等の品質が向上したことにより、ペットが以前よりも長生きできるようになりました。それは大変喜ばしいことなのですが、ペットの長寿命化は別の課題を投げかけました。つまり、ペットの高齢化がもたらす症状に飼い主が対応できなくなってしまったり、或いはペットと飼い主の双方が高齢化してしまういわゆる「老老介護」とも呼ぶべき新たな局面をもたらしています。「老犬・老猫ホーム」というビジネスモデルはこういった社会的世相から生まれた新しいサービスです。

  • 犬・猫の所有権を飼い主から譲り受ける場合必要な要件:第一種動物取扱業「譲受飼養」登録
  • 犬・猫の所有権を飼い主に残す場合必要な要件:第一種動物取扱業「保管」登録

開業までの流れ:大まかな流れは以下の通りとなります。

開業すると、施設内での軽微な変更は可能ですが、開業場所を容易に変更することはできません。したがいまして開業候補地を選定するには、入念な準備と膨大な時間を要します。事業の成否を握ると言っても過言ではありません。当事務所では、開業候補地周辺の市場調査、競合他社状況、人口動向等、事業展開の際して必要と考えられる調査はすべて行っております。専門スタッフが効率的なスケジュールでお客さまを開業まで導かせて頂きます。開業の手続きを任される以上、開業後、お客様が堅調なビジネスを展開できるよう配慮することまで、当事務所の責任と考えております。安心してお任せください。

1. 開業候補地の検討 (事業計画案作成)
2. 開業地決定(物件確定)
3. (必要な場合)創業融資申請
4. 第一種動物取扱業登録申請
5. 内装工事
6. 開業

必要書類

  • 第一種動物取扱業登録申請書
  • 飼養施設の平面図
  • 飼養施設付近の見取図
  • 申請者・動物取扱責任者(法人の場合は当該法人の役員も)が動物愛護管理法第12条第1項第1号から第6号までに該当しないことを示す書類
  • 動物取扱責任者の要件を証する書類(以下の1から3のうちでいずれかを証明できる書類)
    1.実務経験を証明する文書等(従事証明書)
    2.教育機関等の成績証明書等
    3.資格を証する免許の写し等
  • 登記事項証明書(3ヶ月以内に取得した原本)※
  • 役員の氏名及び住所一覧※
  • 事業所及び飼養施設の土地及び建物について事業の実施に必要な権原を有することを示す書類(本人所有の場合)
  • 確認書
※法人の場合のみ必要です。

費用

項目 金額
第一種動物取扱業登録作業費 ~80,000円※
事業計画作成(市場調査、融資必要書類作成等) 100,000~200,000円※※
第一種動物取扱業登録申請手数料(実費) ~15,000円※※※
  • ※お伺いする案件により異なります。
  • ※※不要の場合は省略させて頂きます。
  • ※※※行政に納付する手数料となります。
  • ○デザイン代、印刷代、広告費、内装費等は別途発生致します。

展示

動物を見せる業(動物とのふれ合いの提供を含む)
動物の訓練・調教業者・動物園・水族館・移動動物園・動物サーカス・動物ふれあいテーマパーク・乗馬施設、アニマルセラピー業者(ふれ合いを目的とする場合)・カフェ(猫、犬、うさぎ、ふくろう)

動物ふれあいパーク / 乗馬施設 / アニマルセラピー

動物たちは人間を癒してくれる不思議な魅力を持っています。人間社会で蓄積さたれたストレスを緩和させたり、心が弱ってる人の精神を快方に向かわせてくれたり、人間では解決出来ないケアを動物たちは私たちに与えてくれます。動物ふれあいパーク、乗馬施設、アニマルセラピーは人間にそういった「癒し」を与えてくれる業種です。と言っても、動物たちは人間のたちの都合の良い存在ではありません。動物たちにも「命」があります。これらの施設では動物たちに対する不適切な扱いが過去にあったことから、この業種においても第一種動物取扱業の登録が必要となります。

必要な要件:第一種動物取扱業「展示」登録

開業までの流れ:大まかな流れは以下の通りとなります。

開業すると、施設内での軽微な変更は可能ですが、開業場所を容易に変更することはできません。したがいまして開業候補地を選定するには、入念な準備と膨大な時間を要します。事業の成否を握ると言っても過言ではありません。当事務所では、開業候補地周辺の市場調査、競合他社状況、人口動向等、事業展開の際して必要と考えられる調査はすべて行っております。専門スタッフが効率的なスケジュールでお客さまを開業まで導かせて頂きます。開業の手続きを任される以上、開業後、お客様が堅調なビジネスを展開できるよう配慮することまで、当事務所の責任と考えております。安心してお任せください。

1. 開業候補地の検討 (事業計画案作成)
2. 開業地決定(物件確定)
3. (必要な場合)創業融資申請
4. 第一種動物取扱業登録申請
5. 内装工事
6. 開業

必要書類

  • 第一種動物取扱業登録申請書
  • 飼養施設の平面図
  • 飼養施設付近の見取図
  • 申請者・動物取扱責任者(法人の場合は当該法人の役員も)が動物愛護管理法第12条第1項第1号から第6号までに該当しないことを示す書類
  • 動物取扱責任者の要件を証する書類(以下の1から3のうちでいずれかを証明できる書類)
    1.実務経験を証明する文書等(従事証明書)
    2.教育機関等の成績証明書等
    3.資格を証する免許の写し等
  • 登記事項証明書(3ヶ月以内に取得した原本)※
  • 役員の氏名及び住所一覧※
  • 事業所及び飼養施設の土地及び建物について事業の実施に必要な権原を有することを示す書類(本人所有の場合)
  • 確認書
※法人の場合のみ必要です。

費用

項目 金額
第一種動物取扱業登録作業費 ~80,000円※
事業計画作成(市場調査、融資必要書類作成等) 100,000~200,000円※※
第一種動物取扱業登録申請手数料(実費) ~15,000円※※※
  • ※お伺いする案件により異なります。
  • ※※不要の場合は省略させて頂きます。
  • ※※※行政に納付する手数料となります。
  • ○デザイン代、印刷代、広告費、内装費等は別途発生致します。

カフェ(猫、犬、うさぎ、ふくろう)

動物たちとふれ合いながら喫茶、食事を楽しむという新しいジャルンですが、近年急速に店舗数を増やしている業種です。動物たちとふれ合う点では「ふれ合いパーク」「乗馬施設」等は同じですが、この業種の最大の特徴は、同じ空間で喫茶、食事を楽しむ点です。飲食を業とする場合、他のペット関連ビジネスでは要件として求められなかった保健所の許可が追加されます。したがいまして、開業する際は衛生面での保健所許可、動物取扱業の登録の双方の要件を満たす必要がありますので、慎重な開業スケジュールが求められます。

必要な要件:第一種動物取扱業「展示」登録

開業までの流れ:大まかな流れは以下の通りとなります。

開業すると、施設内での軽微な変更は可能ですが、開業場所を容易に変更することはできません。したがいまして開業候補地を選定するには、入念な準備と膨大な時間を要します。事業の成否を握ると言っても過言ではありません。当事務所では、開業候補地周辺の市場調査、競合他社状況、人口動向等、事業展開の際して必要と考えられる調査はすべて行っております。専門スタッフが効率的なスケジュールでお客さまを開業まで導かせて頂きます。開業の手続きを任される以上、開業後、お客様が堅調なビジネスを展開できるよう配慮することまで、当事務所の責任と考えております。安心してお任せください。

1. 開業候補地の検討 (事業計画案作成)
2. 開業地決定(物件確定)
3. (必要な場合)創業融資申請
4. 第一種動物取扱業登録申請
5. 内装工事
6. 開業

必要書類(動物取扱業)

  • 第一種動物取扱業登録申請書
  • 飼養施設の平面図
  • 飼養施設付近の見取図
  • 申請者・動物取扱責任者(法人の場合は当該法人の役員も)が動物愛護管理法第12条第1項第1号から第6号までに該当しないことを示す書類
  • 動物取扱責任者の要件を証する書類(以下の1から3のうちでいずれかを証明できる書類)
    1.実務経験を証明する文書等(従事証明書)
    2.教育機関等の成績証明書等
    3.資格を証する免許の写し等
  • 登記事項証明書(3ヶ月以内に取得した原本)※
  • 役員の氏名及び住所一覧※
  • 事業所及び飼養施設の土地及び建物について事業の実施に必要な権原を有することを示す書類(本人所有の場合)
  • 確認書
※法人の場合のみ必要です。

必要書類(飲食業許可)

  • 営業許可申請書
  • 営業設備の大要
  • 食品衛生責任者※の資格を示すもの(調理師免許証等の原本)
  • 申請者が法人の場合は、登記事項証明書
※法人の場合のみ必要です。

費用

項目 金額
第一種動物取扱業登録作業費 ~50,000円※
事業計画作成(市場調査、融資必要書類作成等) 100,000~200,000円※※
飲食業許可申請作業費 ~80,000円※
第一種動物取扱業登録申請手数料(実費) ~15,000円※※※
飲食業許可申請手数料(実費) ~16,000円※※※
  • ※お伺いする案件により異なります。
  • ※※不要の場合は省略させて頂きます。
  • ※※※行政に納付する手数料となります。
  • ○デザイン代、印刷代、広告費、内装費等は別途発生致します。